Line

セールスマンの悩み≫商品を選べない


^^)それはね・・・

金融機関では、新しい投資信託が発売されれば販売キャンペーンというものが始まります。

金融機関にもよりますが、ノルマが課せられます。

そうすれば、たとえ自分が良い商品でないと感じていても、お客様に販売しなくてはなりません。
これはかなりつらいことです。

自分が売りたくない商品でも、笑顔でお客様に説明し、自分のノルマの為にセールスを続けなければなりません。

Line


コラム:投資信託販売セールスマンの視点




気になる記事ピックアップ

インターネットが変えた資産運用の常識
インターネットの普及や進歩が、資産運用の かたちを大きくかえました。インターネットで口座管理も、商品選びも、売買も、全てできる.....

投資信託はどんな人が購入しているか?
投資信託は余裕資金で購入するのが一般的であるため、60歳以降の退職者が多いです。60歳以降の方は、退職金に.....

主な株式投資信託の種類
①国内株式型・・・株式組み入れ比率が70%以上で、主に国内株式で運用。②国際株式型・・・株式組み入れ比率が70%以上で、主に外国株式で運用。.....

投資信託と年齢
各金融機関により異なりますが、販売出来る年齢に制限があります。70歳以上の方に販売する為には、販売記録表に詳しくその時の.....

投資信託のセールス・・・私の方法(2)
セールスには女性の多い「職場訪問」をお勧めしました。職場は人数が多いため、個人宅の訪問よりも効果は大きいです。5~6人の人から一度に話を聞いてもらえるので.....

Copyright © 2007-2016 初心者の投資信託入門@元銀行員だから聞けた投資信託の本音も. All rights reserved