Line

投資信託とお客さんの投資経験


^^)それはね・・・

投資信託を販売する為には、顧客が投資信託に関する知識や投資経験があるかによってもセールスする投資信託の銘柄が違ってきます。

初心者には、債券中心の投資信託を勧め、知識や投資経験を持っている人には株式を組み入れた投資信託を勧めます。

この知識や投資経験の有無についても、記入する用紙があり、販売後、金融機関販売者が記入しています。

販売した投資信託が顧客に適していたか内部管理によりチェックされます。

Line


投資信託販売のウラ側




気になる記事ピックアップ

投資信託のセールス・・・私の方法(2)
セールスには女性の多い「職場訪問」をお勧めしました。職場は人数が多いため、個人宅の訪問よりも効果は大きいです。5~6人の人から一度に話を聞いてもらえるので.....

資産をしっかり区分そして投資方法
資産運用では 「今すぐ使うお金」、「数年後に使うお金」、「将来に残すお金」と 目的別に 分けて運用する ことが大切.....

分配金の魅力
投資信託には、分配金というものがあります。これは、運用がよく収益が上がった場合、投資家(購入者)に還元されるものです。運用が悪ければ当然分配金はあ.....

投資信託購入に関して
投資信託は、銀行や証券会社、ネット銀行、ネット証券などで購入できます。初心者は、馴染みのある銀行の窓口で購入する人も少なくない.....

「グローバルソブリンオープン」を購入するには?
「グローバルソブリンオープン」を購入するには、銀行など取り扱いしている金融機関に行きましょう。銀行ならどこ.....

Copyright © 2007-2016 初心者の投資信託入門@元銀行員だから聞けた投資信託の本音も. All rights reserved