Line

口座数350万(2016/1/20時点)でネット証券の常識:SBI証券

^^)それはね・・・

SBI証券(旧「イートレード」)は、最も有名なネット証券の一つです。

ネット証券は、ネットで取引ができる証券会社です。 インターネットの普及で、今では当たり前の存在となりました。 投資信託はもちろん、株などの取引もできます。

ネット証券のおかげで、個人が投資を始めやすい環境ができ、投資人口の拡大にも 大きく影響しています。

そんなネット証券のなかでも、SBI証券は口座数が350万(2016/1/20時点)と、圧倒的な支持を受けています。 それは今に始まったことではなく、継続して支持されてます。

例えば、主なネット証券を口座数で比較すると・・・

会社名2010年9月末
時点
2012年06月~
13年2月時点
2016年01月~
16年3月時点
SBI証券210万口座
250万口座
(2013.02)
350万口座
(2016.01)
マネックス証券128万口座
83万口座
(※2)(2013.02)
162万口座
(2016.01)
楽天証券95万口座
135万口座
(2012.06)
200万口座
(2016.01)
松井証券79万口座
85万口座
(2012.12)
105万口座
(2016.03)
カブドットコム証券71万口座
80万口座
(2013.02)
100万口座
(2016.03)

となってます。(※1:口座数は1万未満切捨て。口座数の発表頻度が各社異なるため、時期が異なります。※2:マネックス証券は公表を「稼動口座」に改めたため口座数が大きく減ってます(2013.02)が、2016.01のデータは総口座数です。)

これを見ると、SBI証券の口座の多さとともに、ネット証券の 十分な広がり も確認できる 数字ですね。
「楽天市場」などネットでは圧倒的な知名度を活かしていると思われる楽天証券に比べても、口座数は圧倒してますし、増加数でも引けをとっていないですね。

これほどSBI証券が支持されてるのには、理由があります。

私の体験も含め、SBI証券のメリットとデメリットを紹介していきます。

ポイントは、「低料金」「豊富な投資信託」「使いやすさ」「安心」の4つです。

低料金


SBI証券は、口座開設料口座管理料ともに無料です。 気軽に口座を所持でき、投資信託だけじゃなく、株取引にも使えます。

投資信託の取引では買付手数料がありますが、SBI証券の場合、この買付手数料がゼロ円である「ノーロード」と呼ばれる投資信託も多数、用意されてます。

投資信託の買付手数料は、販売する銀行や証券会社によって異なります。

インターネットでの取引の場合だけ 買付手数料ゼロ円というケースも多いので、ネット証券を利用するメリットは大きいです。 (ネットを利用するメリットは、24時間いつでも利用できるなど、安いだけではないですね。)

買付手数料は、投資信託のそのときの基準価額の1~4%程度が多いですが、低金利の時代、その手数料がけっこう痛いです。 少しでも 安く買える 販売会社を 利用するのが 賢い方法です。

またSBI証券は、株や信用取引に関する手数料も、業界屈指の格安水準を維持し続けています。

「一時的に安い」のではなく、「格安水準を維持」してるところが嬉しいです。 だから、長く安心して つきあえます。


選べる投資信託が2000本以上


SBI証券は、主要ネット証券で初の投資信託1000本越えを達成しました。 そしてその後も数を伸ばし、2000本越えも達成しています。

「そんなにあっても、選ぶのが大変なだけじゃない?」

そんなことはないです。 SBI証券は、投資信託の銘柄選びのサポートもしっかりしてます。

投資信託が豊富な SBI証券の見どころは ランキング

よそでは 知る事ができない、レベルの高い ランキングがチェックできます。

まずは、SBI証券のランキングで投資信託の実力をチェックしてみましょう。


使いやすさ(分かりやすい!疑問に応える!情報も充実)


SBI証券には、多くの人に使いこまれ、実績の中から生まれた 使いやすさがあります。

「初心者」にも、「使い慣れた人」にも、喜ばれる様々な工夫があります。

長く付き合うものですから、最初の使いやすさはモチロン、慣れた頃も 物足りなさ を感じない ところが嬉しいです。

例えば、初めての不安に応えるのために・・・
  取引の操作を「デモ」で体験できるから、やり方が分かりやすい
  ことばや仕組みなど素朴な疑問には、「基礎講座」が助けに
  投資信託の銘柄選びをサポートするコンテンツが嬉しい
   (いくつかの質問にコタエを選ぶだけで候補が見つかります)

知れば知るほど 便利な機能や情報も・・・
  取扱銘柄が多く、流動性・安全性・利殖など目的に応じた選択
  各種ランキング情報(リアルタイムも 期間モノも)
  提案コンテンツ(例「投信積立」「REIT」「逆張り投資家へ」ほか)
  時事に合わせた特集(例「ゼロ金利復活厳選商品」ほか)
  各種無料セミナー


SBI証券の使いやすさは、実際に触ってみると分かります。

安心


SBI証券を何年も利用して思うことは、困ったトラブルが 特になかったこと。 当たり前のことですが、大事なお金を預かるのですから、すごく大事です。

また、第三者評価が高いことも注目です。

たとえば、その中から いくつか挙げると・・・

  オリコン 『2015年度オリコン日本顧客満足度ランキング』 総合第1位
   「口座開設の容易さ」、「取引手数料・コスト」、「取引ツールの利便性」、
   「分析ツール」、「取扱商品」など計11項目による評価
  HDI主催『サポートポータル格付け』『問合せ窓口格付け』2015年度「三つ星」
   「問合せ窓口格付け」は6年連続の「三ツ星」
   「サポートポータル格付け」は5年連続6回目の「三つ星」
   HDI(Help Desk Institute :ヘルプデスク協会)
  ゴメス 『オンライン証券サイトランキング』 オンライン総合型 第1位
   「サイトの使いやすさ」、「サイトの安定性と信頼感」、
   「投資情報の充実度」、「金融商品の幅広さ」、
   「便利な機能・サービス」、「総費用」を総合評価
  ストックリサーチ『2012年インターネット証券ランキング』総合第1位
   「コスト」、「品揃え」、「投資情報」、「機能(注文種類、入出金など)」、
   「売買画面の見やすさ・使いやすさ」、「サポート(Web画面・メール・電話)」
   のバランスを中心に総合評価

安心して使えることは、長い投資生活には 一番大事なこと です。 評価の高さは、触ってみると分かります。 ぜひ一度 試しましょう。


Line


ネットで投資特集




気になる記事ピックアップ

主な株式投資信託の種類
①国内株式型・・・株式組み入れ比率が70%以上で、主に国内株式で運用。②国際株式型・・・株式組み入れ比率が70%以上で、主に外国株式で運用。.....

投資信託と年齢
各金融機関により異なりますが、販売出来る年齢に制限があります。70歳以上の方に販売する為には、販売記録表に詳しくその時の.....

投資信託のセールス・・・私の方法(2)
セールスには女性の多い「職場訪問」をお勧めしました。職場は人数が多いため、個人宅の訪問よりも効果は大きいです。5~6人の人から一度に話を聞いてもらえるので.....

資産をしっかり区分そして投資方法
資産運用では 「今すぐ使うお金」、「数年後に使うお金」、「将来に残すお金」と 目的別に 分けて運用する ことが大切.....

分配金の魅力
投資信託には、分配金というものがあります。これは、運用がよく収益が上がった場合、投資家(購入者)に還元されるものです。運用が悪ければ当然分配金はあ.....

資産運用について

投資信託の基本

お勧め投資信託

投資信託販売のウラ側

コラム:投資信託販売セールスマンの視点

ネットで投資特集

サイトについて

リンク


【SBI証券】は こちら ≫
まずは ランキングで
投資信託の実力をチェック!

お問い合わせ

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

便秘・・困った便秘、つらい便秘、
Copyright © 2007-2016 初心者の投資信託入門@元銀行員だから聞けた投資信託の本音も. All rights reserved