Line

セールスマンの悩み≫門前払い


^^)それはね・・・

投資信託は、元本保証ではない為、セールスは簡単なものではありません。

定期預金などの元本保証の商品なら何とかなるにしても、お客様にとって自分の資産が減る恐れのあるものに投資はしたくないですよね。

セールスにおいては、投資信託の話をする前に、お客様に断られることも多いです。いわば、門前払いです。

しかし、金融機関のセールスマンは、落ち込んで帰ってくるわけにはいきません。

どうにかして、お客様から投資信託へ興味を示してもらい、パンフレットを見せるまでもっていきたいのがセールスマンの願いです。
セールストークは重要です。

Line


コラム:投資信託販売セールスマンの視点




気になる記事ピックアップ

資産をしっかり区分そして投資方法
資産運用では 「今すぐ使うお金」、「数年後に使うお金」、「将来に残すお金」と 目的別に 分けて運用する ことが大切.....

分配金の魅力
投資信託には、分配金というものがあります。これは、運用がよく収益が上がった場合、投資家(購入者)に還元されるものです。運用が悪ければ当然分配金はあ.....

投資信託購入に関して
投資信託は、銀行や証券会社、ネット銀行、ネット証券などで購入できます。初心者は、馴染みのある銀行の窓口で購入する人も少なくない.....

「グローバルソブリンオープン」を購入するには?
「グローバルソブリンオープン」を購入するには、銀行など取り扱いしている金融機関に行きましょう。銀行ならどこ.....

投資信託セールスでの心がけ
セールストークも重要ですが、その人の印象もかなり大切です。印象が悪いと、セールストークが上手くても購入してもらえません。自分がセールスの上で.....

Copyright © 2007-2016 初心者の投資信託入門@元銀行員だから聞けた投資信託の本音も. All rights reserved